組合紹介
組合事業
景観条例
青年部
リンク
トップへ
 
 2月10日京都市役所に懐かしい森下仁丹さんの琺瑯看板が、戦後始めて市役所に設置されました。
 元々この看板を揮毫された当組合の組合員様よりご紹介頂き、市役所担当者と、森下仁丹さんの担当者と
 打ち合わせをしてこの日を迎えました。
 森下仁丹の駒村社長もインタビューで「この時代こそ昔ながらの技である揮毫の琺瑯看板が京都に
 ふさわしい」と答えられておられ、コンピューター全盛期の今でこそ技が見直されると仰いました。

 組合としては、取付費用については、組合を知って頂く一つの機会とすべく、無償で施工致しました。
 この看板についての詳しい内容は森下仁丹ホームページにも掲載されています。
 当日はテレビ局数社、新聞記者などの取材もあり、テレビでも放映されました。
ものつくりフェアが終わると暮れが来ると言われる一年最後の催しでもあるものづくりフェア2013が11月9・10日にパルスプラザで開催され、二年連続の優秀小間賞である「奨励賞」を頂きました、実行委員の皆さん、並びにお顔を見せて頂いた組合員の皆さんありがとうございました。
児玉理事長と寺﨑実行委員長のツーショットです。
  平成26年10月3日 当組合 鈴木マサホ 顧問のお取りはからいで、門川市長を訪問し、約30分間
  景観条例について話し合いを行い、要望書を手渡しました。門川市長は京広美の活動に感謝の言葉を
  述べられ、「看板制作者は、画家など同じ芸術家だと思っている。これからも京都のよりよい看板作
  りに尽力頂きたい、要望書についても前向きに対処したいと述べられました。
  
                   要望書の内容は

    1 経過措置期間の7年間に止まることなく、これからも景観政策及び安全対策
      の観点から、当組合との協定書の締結も含め、しっかりと連携をして屋外広告
      物対策を推進してください。

    2 広告主を始め、広く市民に屋外広告物制度についてさらに啓発してください。

    3 よりよい広告景観づくりをまちづくりの視点から進めていくため、まちづく
      りアドバイザーなど、当組合として積極的に協力・提言していきますので、
      その仕組み作りなどに協力してください。

 
  平成26年11月12日㈬ 上記要望が承認され、居内屋外広告物適正化推進室 室長と当組合児玉
  理事長の間で京都市と協定書を交わしました。
 
  京広美としても京都にふさわしい看板や町並みに調和したまちづくりに鋭意努力し、協定書は
  ゴールではなくスタートラインなのだから、共に協力していけるプラン作りをすすめて欲しい
  と、列席された志度澤課長のお言葉の通り、何をしていかなければならないか、役員は元より
  組合員諸氏のお知恵もお借りして進めて行く所存です。

  当日参加者 児玉理事長 中原参与 市原・酒井・鈴木副理事長

本年度二回目の広告景観フォーラムを,京都駅前メルバルク京都で開催しました。
府市と業者に加え学識経験者も交えて一堂に会し、全員で話し合う場です。

講演会講師は京都市立芸大の藤本英子教授が 「求められるメッセージの魅力-屋外広告物から考える-」をテーマに講演をされ、グルーブに別れてのワークショップを行いました。
参加者は41名でした。
残暑がまだ残る8月27日に、第3回の景観フォーラムが宇治 ゆめりあ うじの会議室にて開催されました。
近隣行政の方は元より、遠方よりおいで下さった行政の方もあった。
3つの班に分かれてJR宇治駅周辺の3つの商店街を訪問。早急に対処が必要な広告物もあったが、全体的に
綺麗でまとまった印象を得て、ワークショップで一時間話し合いをして、発表者がそれぞれ撮影した写真を
元に感想を話し合う貴重な一日となりました。

京都市・京都府広告美術協同組合主催の「京の景観を考えるシンポジウムが3月5日にキャンパスプラザにて開催されました。90名の方々に御参加いただきました。
第1部では,基調講演として「京都らしいサインってどんなデザイン?」をテーマに,富山大学芸術文化学部教授・学部長の武山良三氏にお話しいただきました。
「人や文化,食と並んで,誰もが触れる視点であり,京都らしさを作っていくものである」(武山氏)。
屋外広告業者を代表して京広美理事長の児玉雅人氏,学生代表として今回の印象評価アンケートに御協力いただいているNPO法人グローカル人材開発センター学生事業部の重森まゆな氏,行政からは本市広告景観づくり推進室長の志渡澤祥宏氏がそれぞれの立場から京都の広告景観の問題点や今後の取組,また広告景観の向上に対して何ができるかなど,白熱した議論を展開し,大盛況のうちに幕を閉じました。

学習会・研修会を推し薦める京広美の第一弾は、小規模看板・構造計算の初歩と銘打ち、京都府広告士会と共催で、日塔設計の土屋久安氏を招いて、5月27日㈮ハートピア京都4階会議室で行われました。参加者も30名で満員の会議室がほぼ満室と盛況でした。

初歩と銘打たれているだけあって、4m以下の一本支柱看板を例に挙げ、わかりやすい解説でした。

これからも第2第3の学習会を本年度に進めて行く予定です。

写真左上 講師の 日塔設計 土屋久安氏
写真右上 今後看板点検に必要な講習会を開くと述べる児玉理事長
写真左下 司会進行を努めた 市原広告士会会長(京広美副理事長)
来年6月より脚立二台を渡した
簡易足場から5m未満のローリングタワーなどを建てる時に必要になる足場特別教育を10月22日に
開催し、30名を越える組合員と
非組合員が集まりました。

講師は(社)日本労働安全衛生コンサルタント会員で、板垣労働安全コンサルタント事務所 代表の板垣裕治氏

たっぷり3時間を越える講習を受けました。まだ受けておられない方向けに第二回を来年度に開催したり、砥石・丸鋸などの特別講習も行う予定です。
来年6月より脚立二台を渡した
簡易足場から5m未満のローリングタワーなどを建てる時に必要になる足場特別教育を10月22日に
開催し、30名を越える組合員と
非組合員が集まりました。

講師は(社)日本労働安全衛生コンサルタント会員で、板垣労働安全コンサルタント事務所 代表の板垣裕治氏

たっぷり3時間を越える講習を受けました。まだ受けておられない方向けに第二回を来年度に開催したり、砥石・丸鋸などの特別講習も行う予定です。
当組合理事の木村務さん(木村工業有限会社 社長)が8月30日お亡くなりになりました。(写真右端)
ガンと闘いながらもいつもポジティブでお洒落な木村さん。

くしくもも葬儀の日に60歳のお誕生日をお迎えになられま
した。

あなたの笑顔を忘れません。謹んで哀悼の意を表します。

写真は平成28年 新年役員会より
5月27日㈯に二条城の北側にある社会福祉会館4階ホールに於いて「屋外広告物点検技能講習会」が開催され、京都は元より
滋賀、大阪など他府県から大勢の参加がありました。講師は児玉理事長、大広協 高見理事長 大広協 北山広告景観委員長
の三名が務められ、午前10時30分〜午後3時30分まで、点検基準・材料特性・構造特性。電気特性・法規特性・準備手順
看板種類毎に別けて丁寧な説明がありました。最後には復習を兼ねた簡単なテストがありそのテスト用紙(効果測定用紙)と
引換に、点検技能講習修了書を受け取りました。

この業界に身を置くものとして、最低限知らなければならないことの復習でしたが、皆さん真剣に受講されました。
今後 この修了書が必ず必要になることもあり、2回目の開催も念頭に置いています。
↑ 一位 田丸弥本店 サカイ看板 製造 480/77票


  5月9日〜13日の5日間、京都市役所玄関 ホールに景観条例に添った屋外広告物の
  パネル展「京の広告物」が開催され、京広美で行った「京都にふさわしい広告
  コンクールの上位入賞作品をパネルにして展示させて頂きました。
 
  また屋外広告物パネル展「京の広告物」開催に当たって、門川市長のお言葉に
  京広美の名前を挙げて頂きますとともに京広美の案内パンフレットを写真左の場
  所に設置させて頂きました。


  震災により一旦延期になった為、5月の急遽開催に案内が間に合わず、大変申し訳ございませんでした。
平成26年7月18日(金) 午後2時〜 エムズ烏丸御池 会議室にて、第1回京都広告景観フォーラム
が開催されました。
京都府下の行政の皆さんと、屋外広告業を営む業者、学識経験者、国土交通省の方も交えて一堂に
会し、話し合い賑わいのある町、優良景観、安心安全なまちづくりについて話し合いました。
その前に「屋外広告行政の展開について」というテーマで京都大学経営管理大学院 特定教授 御手洗教授の講演を行い、その後班分けしてワークショップを行いました。テーマは違反広告。安全対策について 一時間初対面の各市町村の屋外広告を担当する皆さんと話し合いを重ね、グループ長が発表致しました。

写真は、運営の中心となった広告景観副委員長 山田氏の司会、児玉理事長のご挨拶、近畿地方整備局 建政部 上田部長様のご挨拶、市原広告景観委員長の締めの言葉で閉幕となりました。

継続は力なり 是非続けて参りたいと思います。お疲れ様でした。
毎年台風シーズン前の9月初旬に行っています「安全キャンペーン」を向日市激辛商店街様のご協力により
実施いたしました。あいにく雨交じりの天候となりましたが、組合員10名 行政の方と共に見回りを行いました。
開始の際には激辛商店街理事長様よりご挨拶を戴きました。
この日の模様は当日の夕方 KBS京都のニュースで放映されました。

商店街に加盟されておられず空き店舗状態のお店の看板の腐敗が激しく危険な状態につい目を奪われましたが、
激辛商店街様の看板は多少の錆びや変形があったものの、危険な看板は見受けられませんでした。
この結果は報告書として激辛商店街様にお送りします。
激辛商店街様とは関係ないが
いまにも落下しそうな看板が・・・・
   藤本教授 / ワークショップ
    挨拶をする児玉理事長